免疫電気泳動に関する質問、トラブルシューティングフォーラム

 

 

免疫電気泳動法の原理と実験方法

信州大学のe-ラーニングモジュールが公開しているプロトコール。

免疫電気泳動法の原理、ゲルプレートの作成・組み立て、電気泳動、結果の判読方法が書かれている。

 

免疫電気泳動テクニック:二次元免疫電気泳動とRocket免疫電気泳動pdf(英語サイト)

John M. Walker氏が『EXPERIMENTS IN MOLECULAR BIOLOGY』に掲載した免疫電気泳動プロトコール

出典:EXPERIMENTS IN MOLECULAR BIOLOGY,1986, 213-225, DOI: 10.1007/978-1-60327-405-0_21



関連プロトコール