ポリアクリルアミドゲルの電気泳動に関する質問、トラブルシューティングフォーラム

 

 

ポリアクリルアミドゲル電気泳動とは(ウィキペディア)

ポリアクリルアミドゲル電気泳動の原理と実験手法について書かれています。

 

 

SDS-PGAEのプロトコール

 

SDS-PAGEのプロトコール

滋賀医科大学病理学講座微生物感染症学部門が公開しているプロトコール。

一般的なSDS-PAGEの手法です。

 

SDS-PAGEのプロトコールpdf

シグマ社が公開しているプロトコール。

アクリルアミドゲル作成方法から泳動、染色まで書かれています。

 

 

ポリアクリルアミドゲル電気泳動のプロトコール

ポリアクリルアミドゲル電気泳動法pdf_thumb1

日本蛋白質科学会が公開しているプロトコール。

ポリアクリルアミドゲルを用いた様々な電気泳動法(SDS-PAGE. Tricine-SDS-PAGE, NAtive-Page, 尿素-PAGE)のプロトコールが書かれています。

 

ポリアクリルアミドゲルの準備(英語サイト)

米国カリフォルニア大学デイビス校の研究グループが公開しているプロトコール。

 

NuPAGE電気泳動プロトコール(英語サイト)

米国テキサス大学の研究グループが公開しているプロトコール。

 

オリゴヌクレオチドの電気泳動(英語サイト)

米国カリフォルニア大学デイビス校の研究グループが公開しているプロトコール



関連プロトコール