免疫学の実験をするなら持っておきたい一冊!

ref=dp_image_0-1

 

「すべてのバイオ研究に役立つ免疫学的プロトコール」は免疫学の実験をしている人に役立つプロトコール本です。

・免疫学の基礎知識と抗体の作成方法

・ウェスタンブロット法や免疫沈降法などを用いた遺伝子・タンパク質の解析

・サイトカインの産生や抗原提示、抗体産生など免疫機能の解析

・ノックアウトマウスなどを用いた個体レベルでの機能解析

その他いろいろな方法が載せられています。

 

 この本をアマゾンで確認する!

 

 

抗原・抗原賦活化に関する質問、トラブルシューティングフォーラム

 

 

抗原のプロトコール

抗原抗体反応用Peptide-KLH Conujgateの作成方法(英語サイト)

米国ハーバード医科大学システム生物学部の研究グループが公開しているプロトコール。

ペプチドへの抗原抗体反応に必要なPeptide-KLH Conjugateの作成方法です。

 

 

抗原賦活化のプロトコール

免疫染色賦活化についてpdf

愛臨技病理研究班例会にて中村氏が発表した免疫染色賦活化に関するスライド。

免疫染色における賦活化の意義や様々な賦活化手法について詳しくわかりやすく解説してます。

 

抗原賦活法|熱による抗原賦活処理pdf

Dako社が公開するプロトコール。

熱を用いた抗原賦活処理です。

 

HIER(Heat-induced Epitope Retrieval)のプロトコール(英語サイト)

R&Dシステムズ社が公開するプロトコール。

HIERの詳細な手順が挿絵つきで解説してあります。



関連プロトコール