免疫染色がうまくいかない方の必読書!免疫染色の際の落とし穴やコツが満載!

 

ref=dp_image_0

 

 

「バイオ実験で失敗しない!免疫染色・イメージングのコツ」は他のプロトコールには書かれていないようなコツや落とし穴と、その解決法が書かれた本です。

サンプル調整から抗体の選択、手技や顕微鏡観察まで丁寧に説明されています。

一から始める初心者にはもちろん、ベテランにも役立つオススメの一冊です。

・免疫染色の概要

・サンプル調整のコツ

・酵素抗体法・蛍光抗体法のコツ

・顕微鏡観察時のコツと顕微鏡の基礎

 

 この本をアマゾンで確認する!

 

 

免疫組織化学法に関する質問、トラブルシューティングフォーラム

免疫組織化学法とは(ウィキペディア)

免疫組織化学の種類とその原理について簡潔に書かれています。

 

免疫組織化学pdf

北海道大学大学院医学研究科が公開している冊子。

モノクローナル抗体の種類や、各種抗体法の原理がわかりやすくまとめられています。

 

 

免疫組織化学法プロトコール一覧

 

 

免疫組織化学法のプロトコール

東京大学分子細胞生物学研究所が公開しているプロトコール

 

免疫組織化学法のトラブルシューティングガイド(英語)

R&D社が公開するトラブルシューティングガイド

 

凍結組織への免疫組織化学プロトコール(英語)

R&D社が公開するプロトコール。

 

ショウジョウバエの脳に対する免疫組織化学法(英語)

Whole mount embryosに対する免疫組織染色法(英語)

スタンフォード医科大学の研究グループが公開するプロトコール

 

免疫二重染色のプロトコール(英語)

不要な非特異染色のブロッキング方法(英語)

DNAse post-treatment for nuclear antigens(英語)

Double immunohistochemistry for BCL6 and PNA for Germinal Center detection(英語)

米国コロンビア大学の研究グループが公開するプロトコール。

 

Immunostaining of Parrafin Sections(英語)

米国バージニア大学の研究グループが公開するプロトコール。



関連プロトコール